シミを薄くしたい

なぜシミができるのか?

夏休みに海に行ったり外で遊んだりして日焼けした経験は誰でもお持ちだと思います。

人の肌は紫外線にしばらくあたり続けてしまうと肌が黒くなりますが、
これは紫外線から肌を守ろうとする細胞の働きによるものです。

まず肌が紫外線を感じると、メラノサイトという細胞が反応してメラニンが生成され、
そのメラニンが肌の細胞に送り込まれることで肌が黒くなっていくような感じになるのですが、
その色素がカーテンのような役割をして紫外線を肌の奥に入らせないようにします。

しかし、そのメラニンは肌の新陳代謝によって最後は垢として剥がれ落ちていき、
肌が黒くなった後も、強い紫外線を浴びないシーズンになれば肌の色は元に戻っていきます。

小さい頃は、夏休みに日焼けしても夏休みが終わってしばらくすると肌は元の色に
戻っていたと思いますが、これは肌が持つ新陳代謝という機能によるためです。

そのように、新陳代謝が正常に機能していれば問題は無いのですが、
メラニンが生成されるスピードと、肌がそのメラニンを押し出すスピードのバランスが
崩れてしまうと、肌にシミが残ってしまうことになります。

メラニンを生成させる原因は主に紫外線ということになりますが、
新陳代謝の機能の乱れなどによってそのメラニンをスムーズに外に押し出すことが
できなくなる事が、シミの原因の一つということになります。

新陳代謝が乱れる原因には、紫外線・睡眠不足・ストレス・生理不順・
ホルモンバランスの乱れなど、様々あると言われていますが、
シミができるときは、水分が不足している・角質が乱れている・肌が硬い、
などの要因も影響しているようです。

なので、紫外線を回避する努力はもちろん必要かもしれませんが、
それだけでなく普段の生活の乱れにも気をつけるようにしないといけないのかもしれません。

スキンケア化粧品に頼る前に普段の生活バランスを整える努力、
そのようなことも日頃から考えておく必要があるかもしれませんね。

ストレス無くしてシミ減らす